メインメニュー

人間をはじめとする生物が持つ環境にダイナミックに適応する情報処理能力をコンピュータ上で実現する研究を一緒にしてみませんか.新鮮な発想と熱意をもった人を歓迎します.

◆研究室説明会

第1回:10/9(火) 17:00-18:00 (18:15より公開ゼミ.参加自由)
第2回:10/15(月) 17:00-18:00 (18:15より公開ゼミ.参加自由)
第3回:10/26(金) 17:00-18:00


* 集合場所 : 当研究室(3E102) 入口向って左側の部屋


上記の日以外でも随時見学希望等受け付けます.メールで連絡をお願いします.

 

◆指導教員:

亀山 啓輔 教授 (このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。)

専門分野:学習,環境に適応する情報処理様式に関する研究

基礎:学習,パターン認識,逆問題,ニューラルネットワークの基礎理論
応用:画像,動画,音などメディア信号の認識,検索,復元

担当講義: 

(情報科学類)  信号処理概論,主専攻実験(T-1劣化画像修復) ほか
(国際総合学類) 応用数学,数理科学I,国際学概論V ほか

 

鈴木 大三 助教 (このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。)  (- > メディア信号処理研究グループのページ

専門分野: メディア信号処理(主に画像・映像)の基礎から応用に関する研究

基礎:信号処理,スパース表現,フィルタバンク・ウェーブレット
応用:画像・映像処理,圧縮符号化,知覚暗号化,情報ハイディング

担当講義: 

(情報科学類)  主専攻実験(T-11画像・映像圧縮符号化)
(国際総合学類) 情報メディア概論,データ解析

◆募集人数:

情報科学類4年生 2名 国際総合学類3,4年生 2名程度

◆主な研究テーマ:

  1. パターン認識,学習,適応に関する研究(亀山)
    • Boostingとニューラルネットワークの学習の融合
    • ニューラルネットワークの学習効率化のための特徴量継承・転移
    • 高次統計特徴量カーネルを利用した信号分類
  2. 生体認証に関する研究(亀山)
    • 高次自己相関特徴量を用いた虹彩認証の高精度化
  3. 画像の認識,検索,処理に関する研究(亀山)
    • 照明変動に強い色特徴量(色不変量)を用いた画像認識
    • 画像を検索キーとして用いる画像内容検索
  4. 画像・映像処理,圧縮符号化に関する研究(鈴木)
    • JPEGやMPEG圧縮により劣化された画像・映像の復元,超解像
    • HDRや自由焦点といった多機能画像・映像の機能統合型圧縮符号化
  5. 知覚暗号化,情報ハイディングに関する研究(鈴木)
    • 既存Webサービスに応用可能な圧縮符号化標準規格に準拠する知覚暗号化
    • 信号のスパース表現を用いた視覚的劣化の少ない情報ハイディング
  6. 信号処理の基盤技術に関する研究(鈴木)
    • 1次元フィルタバンク・ウェーブレットに基づく多次元方向変換
    • 単板カラーフィルタで取得したRAW画像のためのスペクトル空間変換

◆亀山担当卒論テーマ

学習や適応を用いた新たな情報処理方式の開発と,画像の認識,検索,修復への応用に関する研究を行います.

(1) 計算知能,ニューラルネットワークを用いた画像認識に関する研究

(2) バイオメトリクスを用いた個人認証方式の高精度化

(3) 画像認識や検索のための新たなテクスチャや照明不変な色特徴量の探索

(4) 画像を検索キーとして用いる画像内容検索に関する研究

(5) 計算知能,ニューラルネットワーク,パターン認識の基礎的研究

◆鈴木担当卒論テーマ

信号処理の基盤技術の新たな創出と,メディア信号(主に画像・映像)に対する 画像・映像処理,圧縮符号化,知覚暗号化,情報ハイディングなどの応用に関する研究を行います.

(1) 高ダイナミックレンジや自由焦点のような多機能に対応する画像・映像処理

(2) 現標準規格(JPEGやMPEG)の高性能化および次世代画像・映像圧縮符号化

(3) IoTにおけるセキュリティー強化のための知覚暗号化や情報ハイディング

(4) フィルタバンクやウェーブレットを始めとする実用的なスパース変換の設計

◆ゼミ

* 研究進捗状況ゼミ: 各々の研究の進捗状況を発表・議論
* 論文紹介ゼミ:   興味のある英語の論文を取り上げ発表・議論
* 基礎ゼミ:     数学,基礎学習ゼミ

◆その他行事

* 新入生歓迎会
* スポデー (2015年度春ソフトバレー院生教職員の部 総合3位)
* その他飲み会など

◆受けておくとよい科目

基礎的な代数,解析,確率統計から,知能情報メディア主専攻関連の各科目が関連します.広い興味を持って多様なトピックに興味を持つことが新しい発想に繋がります.

◆学生数(2018)

* 大学院システム情報工学研究科CS専攻:8名
* 情報科学類4年:2名
 

 

◆質問受付先

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 までお願いします.

◆研究室HP http://www.adapt.cs.tsukuba.ac.jp